紫苑ステークスの大穴予想

[見解]中山11R紫苑ステークス(勝負度D)

紫苑Sを予想する上でのポイントとしては、秋華賞切符を目指す格下馬同士の争いでペースが緩みなく流れがちという点と、1勝馬から3勝馬まで出走メンバー内での能力格差も小さくない点。エアレーション馬場以前は開幕週馬場として立ち回りも問われたが、エアレ馬場以降の近2年は絶対能力に次にはスタミナが問われている印象の上位入線馬の顔ぶれになっている点。

上記の通りの能力格差があるので、幾らスタミナ重視とは言えども未勝利戦を勝ったばかりのただの鈍足馬を選んでしまっては元も子もなくて、最低でも直近500万下勝ち~1000万下好走級(以上)の中から適性ある馬を拾いに行くのが妙味に近付けるコトになるだろう。

牝馬戦・世代限定戦・距離二千以上戦と言えば“ハービンジャー牝駒だ(驚異の4着内率)”というのはオークス予想時などでも大々的にやりましたが、今回の同牝駒は1人気ディアドラ一頭のみ。
最も近況優れている実績上位3勝馬なので本来は走って当然の一頭なのだが、前走が休み明け大幅馬体減からの中3週での長距離輸送[北海道→栗東→中山]挟みと調教手控えに一抹の不安アリ。

そんなハービンジャー牝駒がナシならば、その次に少々先物買いで目を向けたいのがルーラーシップ牝駒。
コレの産駒は現時点では晩成傾向と距離長め適性が認められている(→概ね3歳秋&距離延長時の変わり身を期待できそう)。
唯一ルーラーシップを父に持つ〇〇〇〇〇〇も、2歳の時点でタフな阪神千八コースのHレベル未勝利戦で0.5秒差圧勝するなど、同産駒らしい&非SS系らしい渋とさの片鱗を見せている。
その時のレースでも、前々走の完勝時も、共に叩き2戦目での一変だった。それを思えば、今回も夏競馬を叩いて2戦目のローテになるが、馬体太目で及第点内容の前走からパフォーマンスを少なからず伸ばしてくれる想定も容易にできる。
前々走ややHレベル戦勝利&前走ややHレベル戦善戦の戦績からは、紫苑S好走の前提条件となる1000万下級の能力までは窺える。
そこに例の如くの叩き2戦目一変、当血統でのスタミナレースでの伸びシロ、成長力血統によってココでの好走も狙えて来る人気薄馬として抜擢・推奨したい。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう