小倉記念の有力馬診断 小倉芝の馬場考察&予想

小倉記念の馬診断と馬場と記事の一番最後に予想も書きます。

今週も競馬を楽しんでくださいね!

▽バンドワゴン 牡6 和田竜 栗東 石坂

バンドワゴン<img src=

昇級初戦の前走鳴尾記念では2番人気…そこで完敗を喫したにも関わらず今回七夕賞でも上位人気模様…これは2歳時のパフォーマンスの幻影でしかないだろう。それから3年半も経過しても尚、それを根拠に人気し過ぎる内には妙味の欠片もない。

前走時まで復帰後の芝レースでは4戦2勝2凡走だが、鳴尾記念ではその2凡走のパターンの競馬をしてしまったのが全てだろう。
具体的には好走した前々走なんかは出負けから最内で脚を溜める形で本領発揮に至ったモノだし、もう一つは逃げの手での同様のモノだった。その逆に好位で流れに乗せる競馬だと溜めが利かない走りで2凡走。鳴尾記念もその後者のデジャブだったモノ。
また前者の競馬ならばソコソコ走れてもおかしくないが…問題は適正オッズで買えるまではもう少し時間が必要だろう点。

―カフジプリンス 牡4 ○○ 栗東 矢作

カフジプリンス

常にズブさ満点で差し遅れの競馬ばかりという鈍足スタミナ系馬。
近3走はそれがマシになるという左回り東京コースのレースを続けて使われた経緯。それも1戦目は距離3400のマラソンレースで、2戦目は距離2400でも消耗戦寄りのレースで、3戦目は東京2500というスタミナ条件で…それでももどかしい善戦止まりが続くというのは重傷で、この勝ち切れなさというのはコノ馬がこの先も一生付き合っていかなければならない性質だろう。

新馬戦以来となる距離2000以下レースで、しかも右回り条件となれば間に合わせてくるイメージはできない。

―クランモンタナ 牡8 熊沢 栗東 音無

クランモンタナ

まずは昨年小倉記念1着時の回顧文を参照↓
『最近の良績はバテ差し展開に乗じたレースのみと書いた。
それは前が潰れる様な消耗戦で体力の差で追い込んで来られるという趣旨だったが、それを和田Jの追い通し騎乗によってより理想の「前々で渋とく粘り込む」という競馬をしてきた。
モチロン、差すよりも先行する方が渋とい脚を発揮するにはベストなのは理論上はその通りで、ただ揉まれ弱さなどあってそれが中々できていなかった(それを望むのも少々難があった)ワケで、それを成し遂げた和田Jにはアッパレの一言。
じゃあ和田Jが乗れば今後もコレが叶うのかと言えば、そうとも言えない。
今回は12頭立て11番人気のノーマークの立場で、そして一見すると馬が一杯一杯だと見える道中のレース振りで更にマークされない立場で居られたワケで、それで激走してしまった以上は次走以降に同様が叶う可能性は一気に低くなる。
小回り2000条件の低速(2.00.0)決着というのも好都合で、今後こういう条件に巡り合うのも簡単ではない。』
・・・
結論から言えば昨年の再現での激走可能性は低いだろう。
まずコノ馬は調教時計と競走結果が連動する面があるのだが、今回の時計低調且つ併走遅れの過程からは好調さは読み取れない。そして昨年は馬場など外的要因が向いた側面も強い激走だったが、本年は昨年よりも高速時計が求められるはずで。その上に加齢による衰えとハンデ増まであっては難しいと言わざるを得ない。

―フェイマスエンド 牡6 松山 栗東 鮫島

フェイマスエンド<img src=” width=”300″ height=”215″ />

前々走チャレンジCは大外枠からの果敢な積極策を打って返り討ちにあったという大敗で、前走七夕賞でも何らかの思惑もあったのか無謀な積極策での当たり前の逆噴射での大敗だった。
その前には昇級後にOP特別では4着4着ある馬で、条件が揃えば無きにしも非ずの成績は有している馬。
その条件というのは、[フレッシュな状態(休み明け初戦)]と[暑くない季節]というのが大きいと考えている。
昨夏にOP4着好走したというのは函館での話。この夏場に連戦ローテ且つ連続輸送ローテで、暑い暑い小倉というのは…コノ馬が頑張れない場面になると思う。

△ストロングタイタン 牡4 川田 栗東 池江寿

ストロングタイタン
まずは前々走小倉大賞典5着時の回顧文を参照↓
『前走中山金杯の敗因は冬場で毛艶も良化しないなど状態面の可能性もあった。
今回は当時よりも調教良化など上昇ありそうな過程だったが、それでも昨夏ほどの活気は見せないモッサリとした当日の状態で、本領発揮はもっと暖かくなってからというカンジも受けた。
また、レース振りについても中山金杯と似通った負け方だった。当時は早めに仕掛けて来られて窮屈になり力を出し切れなかったモノだが、今回も最内枠からコーナーで窮屈な形を強いられた。または、それは右回りにも問題があって、右にモタれ気味の追走になっていたのもパフォーマンスを下げた一因の模様。
大トビ馬だけにもっと外目でスンナリとした形の方が力を出せるだろうし、左回りならよりスムーズな追走ができる可能性もある。
敗因は色々と詮索できるが、総じて次は敗因を潰した出走となりそうなので、今回の1人気には参ったがもし手頃な人気で買えるならば重い印を用意したい一頭。』
・・・
その後は(池江厩舎2軍馬らしく)夏場まで休養して、夏初戦の降級戦で一発回答をした。それは季節面での好転もあったし、左回り大箱少頭数で何ら敗因ケチが付かないレースができての本領発揮だったという側面も。ただし、それでも直線ではモタれ気味のシーンもあって、隙の無いレース振りというワケではなかった。
今回は今冬に苦労した右回り小回り条件が一つの課題になる。とは言えども、鞍上川田Jはそれは百も承知だろうし、非多頭数立てで決して内を立ち回らなければ不利が発生するレースでもない。中外枠でも引いてスムーズな形ならば好勝負にはなるはず。

△ヴォージュ 牡4 松若  栗東 西村

ヴォージュ<img src=” width=”300″ height=”225″ />

3走前までは小回りコースで先行粘り好走を積み上げていた戦績で、逆に外回りコースとなるとキレ負けちがちで結果を残せずという傾向だった。
それが4走前と前々走で(それまで連対歴なかった)外回りコースでの連対と勝利を決めてきた辺りは確実に力を付けてきていると言えるか。
それでOP昇級初戦の重賞レースでもいきなり3人気に支持されたワケだが、条件戦時代には経験なかったような厳しいペースに対応できずに凡走を喫した形。それならば控える戦略もあった様に思えてしまうが、どうも揉まれ弱さもある様で積極策だけは譲れないという事情もあった模様。
その前走七夕賞はマルターズアポージーとフェイマスエンドの遣り合いがあったモノで、その次元の乱ペースの二の舞はほぼ無いのが今回…それで度外視級前走時よりも人気控え目で買えるならば妙味はアリと見られる。

★ケイティープライド 牡7 鮫島駿  栗東 角田

ケイティープライド
前走函館記念5着後の次走チェック馬見解を参照↓
『コノ馬が昨年シーズンで最も好成績を残したレースがこの函館記念だった。
だから本来は函館記念に狙い澄ましての本気勝負を仕掛けてきても良い場面だったとも思うのだが、それでも昨年と違って前哨戦巴賞も使わずに&いわゆる10日競馬での攻め不足・太目残りで出してきたというコトはそれなりの意図あってのコトだろう…つまりは、サマー2000シリーズ狙い(=初戦で勝負は懸けられない)なのか、大目標レースが次走(以降)にキッチリと決まっているのか。
そういうやや物足りない状態で、しかもそもそもが休み明け初戦は走らないと言われる叩き良化タイプで、それにも関わらず2着とタイム差無しでの走破は十分に健闘した結果だと言えるだろう。
今回は休み明け初戦ローテも理由で人気落ちしてた側面も強いので叩いた次走は穴人気必至でしょうが…引き続きハンデ斤量での得意小回り(特に内枠)条件ならば馬券内好走チャンスは十分と見る。』

・・・
前走回顧で次走展望をそのまま書いた様なモノなので…上記が全てです。
一つ話が違うとすれば、穴人気未満の人気になる可能性がある点。
あとは好走の前提条件とも言える内枠を引けるか否か…内枠でハンデ斤量ならばローカル重賞通用は何度も示している馬だけに当然狙えます。

▽ 牡5 ホワイト  栗東 池江寿

ベルーフ

5走前チャレンジカップ2着を最後にパフォーマンスを落とし続けている近況。
そのチャレンジカップは流石シュミノーJという騎乗で、これまでは調教師は大外追い込み策に拘っていたモノを、これまで見せたコトがないようなインを捌いて追い込んでくる形をとってしかも見事激走に導いた。
ただ、そんな強引に激走させた後遺症もあるのか、その後は気難しさをより拗らせて本領発揮できずになっている。

2年連続で激走中のレースでリピーター穴人気必至であるが、過去年については正に適性面での上げ幅によって激走果たしたモノであって、近走で適性云々の次元でない敗戦も出ている本年のケースでも例年通りを信じていいのかは怪しさも。

―シャドウパーティー セン8 浜中  美北 堀

シャドウパーティー セン8
OP昇級後は中山記念4着プチ激走と、残り2戦は二桁人気大敗という戦績。
その中山記念については、その前の12月OP特別ディセンバーS組の再戦ムード&上位独占となった通り、OP特別級のレベルでしかなかったのが真相。コノ馬の適性としても、上がりが掛かる決着になって直線の一足勝負なら浮上できるというキャラが嵌まるレース質でもあった分での好結果だったと言える。
まず重賞級の能力馬ではないのと、中山記念よりはスピード問われるはずの条件では苦しみそうで。

▽スピリッツミノル 牡5 幸  栗東 本田

スピリッツミノル

鈍足の中長距離向きタイプ。理想としては先行粘り競馬なのだが、初速の無さと他馬を気にする癖から先行策を確実に履行するのも注文が付いてしまうという難儀な面も。

前々走鳴尾記念は距離不足ながらもスローペースだった分で序盤にそれなりの位置が取れたのは良かったが、終盤にかけては忙しい追走になり直線では一時詰まって勢い途切れたのは(キレる脚が無いだけに)痛恨だったはず。それでも5着という結果は十分健闘だったと言えて、もう少しスタミナ値求められるレースならばの可能性はある。

前走宝塚記念では強敵相手に7着は褒められる結果だが、渋化馬場と少頭数立てとバラける馬場で位置取りが取れたのと…コノ馬が中距離レースに臨むにあたっては存分に恵まれる競馬ができていた。

前走時よりも相手弱化だとは言えども、前走時よりも遥かに自分の競馬が望めない小回り良馬場中距離条件で劇的に着順を上げられる想像はし辛い。

 

小倉

馬場考察


[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速~C並~F超低速]の7段階表記) ]
新潟…土日共にイーブン/B
小倉…土日共にイーブン/B
札幌…土日共にやや内有利/S

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
新潟…2週目/Aコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はB
小倉…2週目/Aコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はB
札幌…2週目/Aコース/伸び所はやや内有利~イーブン/馬場差はA
[ピックアップ競馬場[小倉芝]の馬場考察]
一昨年の小倉夏開催の芝レースは(いきなり)差し有利が顕著という傾向があった。それは主にエアレーション馬場の影響として語られていたが、同じエアレーション馬場でも昨夏と今夏の開幕週(開催序盤)は当時に比べれば案外内前の粘りが利くというレースも割りと見受けられている。
その背景としては、一昨年に限っては馬場云々と同等以上に騎手技量(騎手意識)に大きな問題があったのではないかと思っている。

その証左として以下のデータがある
2015年小倉夏開催1~2週目
芝1200の逃げ馬複勝率44%・芝1800以上の逃げ馬複勝率7%

2016年小倉夏開催1~2週目
芝1200の逃げ馬複勝率47%・芝1800以上の逃げ馬複勝率58%

芝短距離では一昨年も昨年も前残り(内残り)率は大差無いにも関わらず、芝中長距離では前残り(内残り)率に極端な差が出ている。
大雑把に言えば芝短距離はいつでもどこでも乗り方にそう差は出ないが、芝中長距離はそうではないというのは理解して頂けると思います。
その芝中距離での乗り方について2015年は正直酷かったです…具体的には逃げ馬番手馬が作るペースの拙さがありました。それで簡単に捲りや差しが入り込む展開になっての外差し有利事象だったという側面も否めないと思います。

1年前にも『最近の小倉芝は内外有利不利のバイアスはそこまで大きくは発生しないが、積極的な栗東の若手J主体の開催になるとペース傾向は大きなブレが生まれがちで…何よりも騎手意識を敏感に捉えたい開催(能力予想よりも展開を読んで決め打ちするのがベター)にもなっていた。それがどうも今夏の場合には、栗東ベテラン騎手の手中にあるというか、昨夏開催で(必要以上だったという点で良い意味ではなく)暴れまわっていた・荒ぶっていた・特に積極策時のペース判断が余りに未熟で捲り競馬ばかり誘発していた若手騎手も成長してきたというか、総じて大分「まとも」にレースが進んでいるという印象。』と書きましたが、今年も後者の方の開催になりそうなカンジは受けます。
とりあえず2週目まではエアレーションでも内前OKで、ただし3週目4週目にはエアレーション云々ではなく普通に内が荒れてきて全体が外差し寄りになりがち傾向の警戒が必要です。

小倉2

 

小倉記念2017予想オッズ

1 ストロングタイタン 3.6
2 バンドワゴン    4.2
3 ベルーフ      6.6
4 ヴォージュ     7.9
5 フェルメッツァ   8.6
6 サンマルティン   9.0
7 タツゴウゲキ    10.9
8 カフジプリンス   14.3
9 スピリッツミノル  19.6

今週のレースは大穴がでる予感。

ここは勝負か!?

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう