京都新聞杯

平成最後の中央競馬は終わったが最後の次は最初というわけで今週は令和最初の中央競馬が開催される。

グランアレグリアに注目の集まるNHKマイルカップも楽しみで
ルメールのG1連勝が何勝になるのかという楽しみもあるがその前の令和最初の重賞レース京都新聞杯にも注目したい。

ダービー最後の前哨戦となるこのレースにブレイキングドーンが出走するのだがこの馬に注目している。

実力はいかに

ホープフルステークスでは注目されつつも力及ばずと言った形の5着。

続く弥生賞ではホープフルステークスで先着されたニシノデイジーに先着し
皐月賞はどうなるかといった期待もあったのだがここでは11着。

3歳馬だから仕方ないといえば仕方ないのだが実力が全くもって未知数なのである。

そんな未知数な馬が現在推定ではあるものの1番人気に押されている。
この馬にとって1番人気になることがあればそれは初となる。

相手関係を見れば仕方ないとは思うが果たして1番人気の期待に応えることができるのだろうか…

増え続ける体重

増え続ける体重は3歳馬だからこその成長分なら良いのだが正直常に重め残りのイメージ。

今回もそれがどうなるかは非常に注目したい点。

馬が成長しているといえばそれまでなのだがもう少し絞ることができれば走りも変わってくるだろう。

春になり暖かくなってきたことでいかに馬体を絞ってこれるか。

この馬の真価が改めて問われる。

今回は皐月賞で6着と好走を見せたタガのディアマンテ、現在重賞6戦と経験豊富なナイママはいるものの
重賞で複勝圏内2回と実績はこの馬が間違いなく1番。

今回のメンバーを相手に押し切ることが出来ないのであればダービーの出走ははるか遠い話。

武豊が騎乗するトーセンスカイや連勝中のヒーリングマインドといった新しいメンバーにも期待したいが
今回このレース1番の注目はブレイキングドーンがダービーに出走するだけの馬なのかどうかに尽きる。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう