【七夕当日の七夕賞】

今年で55回目を迎える七夕賞だが今回の開催は七夕当日となる。

昨年は超高配当

昨年は現在障害レースで活躍を見せているメドウラークが11番人気からの1着。
単勝でも10080円、12番人気のパワーポケットが3着に入ったことで3連単は256万3330円という超高配当が生まれている。

この七夕賞はハンデ戦。
今回は新潟大賞典2着、ジャパンカップで5着となっているミッキースワローがトップハンデの57.5kg。
アウトライアーズ、エンジニア、カフェブリッツ、ゴールドサーベラス、ソールインパクトの5頭が最軽量となる54kgでの出走となる。

正直ハンデ戦はなんだかんだ言って重い斤量を背負った馬の勝利が多くなる。
重い斤量を背負うということはそれだけ実力があるということなのだ。

七夕賞も過去10年の結果を見てみると57kgを背負った馬が5勝を挙げている。

今回の注目は…

ではハンデの意味がないのか?というと全くそうではない。

特に今回の最軽量は前走の目黒記念を9番人気ながら3着と好走したルックトゥワイスや先行馬カフェブリッツの存在もあるから注目したい。

それに対してトップハンデのミッキースワローは道悪の影響もあってか前走のエプソムカップは2番人気だったものの見せ場の無い10着。
57kgを背負う馬も前走鳴尾記念2着となったブラックスピネルは石橋脩騎手のテン乗り
ストロングタイタンは半年の休養明けで前走の中山金杯では15着
マイターズアポジーはこの1年で掲示板もなし
となかなか難しい結果になっている。

個人的には今回は斤量54kg~55kgの馬が狙い目ではないかと考えている。

また中京競馬場ではダートの重賞レースプロキオンステークスが開催される。

交流重賞さきたま杯で活躍したメンバーやリステッドレースやオープン特別を好走している馬などダート界注目の馬が多数出走する。

宝塚記念が終わり一段落入ったように思える中央競馬だがラジオNIKKEI賞では田辺騎手の重賞今年初勝利
ウィメンジョッキーズワールドカップを制し世界一となった藤田菜七子騎手等注目は多数ある。

圧倒的な有力馬が少ないだけでなくこの時期はリーディングトップに位置するジョッキーが各会場に分散することも注目の1つ。

7月初めの競馬は大きく稼げるチャンスと言える。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう