≪G1・桜花賞≫について

4月のG1ラッシュ第二レース目は≪桜花賞≫
G1・桜花賞

桜花賞は波乱と隣合わせな歴史をもつG1レースである。

過去10年の結果と傾向を見てみよう。

まず単勝オッズで1.4倍以下のダントツな人気で支持された馬は過去3頭。
この3頭はいずれも2着以内を確保している。

しかし気をつけなくてはならないのは1.5~1.9倍で支持された2頭。
なんとこちらは2頭とも4等以下でやぶれている。

これに対し、2.0~6.9倍の範囲は上々の成績をのこす傾向がある。

さらに「7.0~9.9倍」から優勝馬が出たことは無いのだが3着以内は40%と高い数値を出してきている。

10倍以上の馬は過去に3勝と3位以内が12頭と決して外して考えられない。

オッズだけではもちろん図ってはいけないが、取っ掛かりとしては安い情報だろう。

更には前走レースにもデータ的観点での秘密がありそうだ。


出走馬の候補も上がってきている。

まだ情報精査前ではあるが、注目馬としてはソウルスターリング、アドマイヤミヤビ。
そしてリスグラシュー。

G1専属スタッフとしての目標はもちろん4月のG1制覇。

桜花賞でも高精度の情報を獲得することが出来そうだ。



_______
大坂杯的中結果
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆的中結果
第61回 大阪杯(GI)
3連単5-4-13
23万9100円獲得★(3連単8点的中!)
馬券代8000円
----------------
阪神11R
第61回 大阪杯(GI)
発走:15:40


キタサンブラックはやはり本命。ヤマカツエースは見逃せない
━━━━━━━━━━━
◎ 5番 キタサンブラック
○ 13番 ヤマカツエース
▲ 4番 ステファノス
☆ 14番 マカヒキ
△ 1番 ミッキーロケット
△ 7番 サトノクラウン
× 12番 アンビシャス
━━━━━━━━━━━

▼3連単・フォーメーション▼
【1着】5
【2着】4・13
【3着】1・4・7・13・14
※合計※8点

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう